トップページ > 豆乳クッキーダイエットとは > 1食あたり150kcalと低カロリー
 

通常食と置き換えて摂取エネルギーを抑える

一般的に販売されている低カロリーのダイエット食品は1食あたり200kcal程度に抑えられているのですが、豆乳クッキーダイエットも同様に約150kcalとなっています。 夕食のカロリーは少ないメニューで600kcal、多いもので1500kcal程度と考えられていますが、これを置き換えることによって大きく摂取エネルギーを抑えることが可能になります。 もし1000kcalも抑えることができたのであれば、それはウォーキングであれば6時間、ランニングであれば2時間程度の運動量に相当します。 これを毎日続けるとなると日常の生活にかなりの負担が出てきます。また運動によるダイエットは食欲を誘因する原因にもなるので、運動してせっかく消費したカロリーをまた食事によって摂取してしまうということもよくあります。

栄養のバランスも優れている

ただし断食などの方法で摂取カロリーを抑えようとすると、身体に必要な他の栄養素を取ることはできません。たとえばお肌や髪の毛の素になっているたんぱく質が不足してしまうと、全体の見た目に大きなマイナスの影響を及ぼすリスクがあります。 そのためダイエット食品を選ぶ際は厚生労働省が定めている1日に必要な栄養素のうち何%程度を1食当たりに含んでいるかチェックるのが良いでしょう。 豆乳クッキーダイエットは原材料に栄養素のバランスが優れている豆乳とおからを使っていることもあり、ビタミンやミネラルなどが豊富に含まれています。 大豆由来のたんぱく質やレシチン、イソフラボンなどももちろん入っており、お腹の調子を整える食物繊維も入っているので便秘対策としても使えるダイエット食品です。